【艶を仕込む】AUSEバランサーR導入美容液~MARKS&WEB系の使い心地

AUSE バランサーR 導入美容液 成分 ハリウッド化粧品 ブログ








DMでハリウッド化粧品AUSEのバランサーR(導入美容液)のサンプルが届いたから、さっそく使い心地をメモしておこうと思う~!

AUSEのスキンケアラインは初めて使うから、ちょっとドキドキ。

ハリウッド化粧品といえば「まつげ美容液AVENSE」だと思うんだけど、AUSEは酵素に着目したスキンケアラインナップなの~。

商品情報

  • 商品名:AUSE バランサーR
  • 価 格:8,800円(60ml)
  • 販売店:店舗もしくはオンライン通販
  • 特 徴:導入美容液。エイジングケアライン。若い子向けはバランシングSの方

 

コンセプト

アタシがあーだこーだ言う前に、公式サイトのキチンとした説明をお伝えしておくわ。

↓ということで、はいっ↓

ハリウッド化粧品独自のSBM美容理論に基づいて開発された、高保湿(当社比)美容液。衰えた肌になじみやすいリッチタイプ。肌をじっくりうるおすとともに、次に使うスキンケアアイテムの浸透を助けます。
また軽いマッサージによって血流、リンパのめぐりを促し、ハリのあるいきいきとした素肌へ。

 








 

成分解析

まずは恒例のザックリ成分解析から。

敏感肌の子はココだけでもチェックしていって~

(ザックリだから、ザックリとしか見ていかないけど…)

 

全成分水、グリセリン、BG、PEG-20、ポリブチレングリコール-3PEG/PPG-8/5グリセリン、エタノール、グリセリルグルコシド、スフィンゴモナスエキス、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、水添レシチン、コレステロール、インドナガコショウ果実エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、3-ヘキセノール、アルテア根エキス、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリチルリチン酸2K、ダイズ発酵エキス、ヒアルロン酸Na、AMPD、カルボマー、キサンタンガム、酸化チタン、酸化鉄、ジメチコン、マイカ、ラウリン酸ポリグリセリル-10、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

 

成分は配合量が多い順に書いてある。

最初に書いてあるものほどお肌に影響する。

 

逆に言うと、後ろの方に書いてある成分はそこまで気にしなくていい。

(まぁ、微量で刺激の強い成分もあるんだけど)

 

ということで冒頭の成分をチェックー!

 

■水

水は水以外の何でもなくて、みんなが知ってるアノ水よ。

化粧水成分のほとんどは、ほとんどが水なのよね。

だから成分の一番最初が水なのは、ごくごく普通。こだわってるメーカーだと「温泉水」「精製水」とか書いてたりするけど、それもまぁ「水」よねぇ。

 

■グリセリン

低刺激の保湿成分。

こってり&ねっとり保湿系だから、コレが2つ目って時点でかなり高保湿って予想していいと思う。

 

■BG

これまた低刺激の保湿成分。

ベースは低刺激で攻めてきたわねって感じ。

(ん、むしろ守ってる?)

 

■PEG-20

これは、非イオン系の合成界面活性剤の一種。

界面活性剤が皮膚の脂質を溶かしだして細胞を破壊して…云々っていう説もあるけれど、界面活性剤=悪というのとも違うと思うんだよねぇ。

 

そもそも、洗剤に使われる「陰イオン界面活性剤」とコスメに使われる「非イオン界面活性剤」は性質が違うから。

非イオン界面活性剤は分子量が大きいから、お肌に浸透して悪さしちゃう!なーんて思えないっていうか。

(量や種類にもよるけれど)

 

ということで。

この成分については心配しすぎなくていいんじゃないかなと思う。

 

気になるのはエタノール。

 

わりと高濃度で入れちゃったのかなって印象ね。

アルコールが苦手な子は、ちょっと注意。

お肌が弱くない子は、全然問題ないんだけど。エタノールが高濃度なのはデパコス系導入美容液アルアルだから。ランコムとか。

 

まとめると~

  • ベースは低刺激な保湿成分。オーソドックス。
  • 気になるのはエタノール。アルコールが入ってるとヒリヒリしちゃう!!って子は、サンプルから試してみる方が安心だと思うわ。

 

 








 

使ってみた~JIROレポ

 

今回DMに入ってたのは、サンプル2回分

朝晩1回ずつ使ってみたから、感想書いてくねー。

 

使うタイミング

洗顔後すぐ。

 

AUSEのバランサーRはブースター美容液だから、化粧水の前に使ってあげて。

 

アタシの場合は…

  • 夜クレンジング→コレ→化粧水→美容液→ナイトクリーム
  • 朝ふきとり(cosrx)→化粧水→美容液→デイクリーム

 

使用感

テクスチャは、とろっとしたジェル状。

グリセリン&BGが高濃度だからベッタベタ、ねっとねとなのかと覚悟してたけど~

 

全然でした。

 

スーッと馴染んで、お肌はサラリ。

メイク前でも全然いけちゃう。

(CNPのアンプルよりサラリとしてる)

成分解析のトコで書いた「アルコール」の作用かなって思うけど。

 








 

効果

サラサラすぎて、ぶっちゃけ物足りなさを感じてたアタシ。

「まぁ、こんなもんか」と期待せずに化粧水つけて、いい意味で驚きよ。

 

ん?
もちっとしてる。

 

化粧水をグングン吸い込む系というより、手持ち化粧水の保湿力をUPさせる系。

ブースター的な美容液。

(商品名そのままや)

 

えっとね、最近使ったのだと「ワンバイコーセーの薬用保湿美容液」に近い

ハリ感がAUSEの方が若干高いかな、って感じ。

【めっちゃいい!】KOSE薬用保湿美容液が秋冬必須になる予感~モイスチャーライスパワーの使い方
ごきげんよう~JIROよ。 今日のアイテムはONE BY KOSEの薬用保湿美容液。 正式な商品名が分かんないんだけど、ワンバイコーセーの青いやつ。 (モイスチャーライスパワー?) 「使ってみてよかっ...

 

刺激

ややアリ。

 

だけど使えないほどの超ヒリヒリじゃなくて「使えるっちゃ使えるんだけど、もしかしてこのヒリヒリは刺激という現象でよろしいでしょうか」というレベルの刺激。

(すっごく分かりにくい)

 

1袋使ったときはヘッチャラで、2袋目使ったときに「ん?」って感じた程度なんだけどね。

そのあとに使った化粧水が、ちょっとピリリとしちゃったっていうか。

 

うーーん、アルコールかな。やはり。

乾燥が気になるアラサーの肌に、朝晩毎日塗りこむのは不安かも。

 

あ。

アルコールが平気な子は、全然気にしなくていいと思うわよ。

アタシは敏感肌&アルコール系がどうも苦手らしくて。困っちゃうわ。

アルコールが苦手なら「CNPのアンプル」の方がオススメ。韓国コスメなんだけど、バランサーRと同じくハリ保湿系。買うお店が限られちゃうけど、安いし低刺激。

>>【関連記事】JIRO備忘録!CNPアンプル4種の比較

 

メリット・デメリット

メリット

  • ハリ感が出る
  • 艶感が出る
  • 手持の化粧水の保湿力UP
  • サラッとしてるからメイクの邪魔をしない

デメリット

  • アルコールが苦手だと刺激感じるかも

 








 

さいごに

定型2 JIRO ブログ ヒトリゴト まとめ

 

AUSEの導入美容液、なかなかいいと思うわよ~。

次に使う化粧水の使用感がUPするし、お肌の艶感もいい感じに出るし。

 

アルコールがへっちゃらな子が試すなら、全然ありだと思う。

(アタシはへっちゃらじゃない)

 

んーとね。

「MARKS&WEB モイスチャーハーバルウォーター」に近い使い心地。

アレもたしか、わりと高濃度でエタノール入ってたよね。

(ヘキサンジオール=高抗菌アルコール)

 

以上。

AUSEバランサーRの備忘録レポでした~

スタコリ&Q10で今年最後のお買い物してて、早く届かないかなーってホクホクして待ってる。届いたら使って、いちいちTwitterで報告すると思う。笑