【ルルルン白】リニューアル後に再挑戦!次はヒリヒリしみることなく使えるか!?~敏感肌JIROの成分解析

lululun白 効果 成分

ごきげんよう~JIROよ。

前回に引き続き、今回もLuLuLunのフェイスマスク。

アタシが試した当時と、配合成分が微妙に変わってるのよね。

▼販売元に問い合わせてみた
lululun白 効果 成分

なんと美白でおなじみルルルン白もリニューアル済みだそうで…!

「ピンクのルルルン」がアウトだった時点で、白のルルルンも怪しさ満点なんだけど…

 

試してみなきゃ分かんないよね。

ということで実際に試してみたから、その結果をご報告させてもらいます~。

 

今日のブログで分かること

  • ルルルン白のお値段など
  • ルルルン白の新旧成分比較
  • ルルルン白の口コミ
  • ルルルン白の特徴
  • ルルルン白のレビュー
  • ルルルン白の代替品




ルルルン白の商品情報

lululun白 効果 成分

  • 商品名:さっぱり透明感タイプ
  • 価 格:400円/7枚、1500円/32枚
  • 販売店:LuLuLunオンラインショップ、楽天、Amazon、各種ドラッグストア

ルルルン白の口コミ

アタシは極端な敏感肌だから、参考にならない子もいると思うのよね。

てことでツイッターで「LuLuLun」の口コミ集めてみましたー!

 

Twitterの口コミを読む

めちゃくそ とっても口コミが多いから、全部読み切れてないんだけど、ピンクよりも刺激を感じている子が多い気がする。

 

  • ピリピリする
  • ヒリヒリする
  • 貼ってるあいだ痛い
  • 痒い
  • 合わない

みたいな、敏感肌アルアルな口コミが目立つかな~。

ただ平気な子は全然大丈夫みたいで、「ピンクよりいい!」「青よりいい!」みたいな口コミも。

結局は肌に合うかどうかだよね。敏感肌じゃなければ、ピンクや青より実感しやすいのかな~っていうのがアタシの感想。




ルルルン「白」新旧成分解析~何がどう変わったか

全成分(旧)
水、グリセリン、プロパンジオール、アスコルビルグルコシド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パンテノール、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、グリチルリチン酸2K、ムラサキバレンギクエキス、ソルビトール発酵多糖、ワイルドタイムエキス、ソメイヨシノ葉エキス、ビルベリー葉エキス、スクワラン、ピーナッツ油、ソルビトール、水添レシチン、PEG-40水添ヒマシ油、キサンタンガム、EDTA-2Na、水酸化K、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、BG*
*植物エキス類の添加物として含まれます。
全成分(新)水、グリセリン、BG、プロパンジオール、アスコルビルグルコシド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パンテノール、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、グリチルリチン酸2K、ムラサキバレンギクエキス、ソルビトール発酵多糖、ワイルドタイムエキス、ソメイヨシノ葉エキス、ビルベリー葉エキス、スクワラン、ピーナッツ油、ソルビトール、水添レシチン、PEG-40水添ヒマシ油、キサンタンガム、EDTA-2Na、水酸化K、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

そんな変わんないわ~

ルルルン「ピンク」と同じく、冒頭3つ目に「BG」が入ったっていう超シンプルなリニューアルだわ。

 

BGって、保湿効果のある成分なのね。

一番低刺激なのがグリセリンで、その次に低刺激なのがBGって言われてる。

超敏感肌のアタシでさえ問題なく使える成分よ。

 

lululun白 効果 成分

 

だからさ。

リニューアル前のルルルンが使えて、リニューアル後のルルルンが合わないってことはまずないと思う。

(リニューアル前後でそんなに変わらないっていうか)




ルルルン白の特徴

lululun白 効果 成分

 

ルルルンの美白ラインと言えば、「白」のコチラ。

ピンクよりちょっぴりお高いから、その分効果も期待しちゃうよね~。

てことで、ルルルン「白」にはどんな効果が期待できそうか公式サイトから探ってみました~。

※公式サイト情報をまとめています。( )内はJIROの感想です。

特徴1.さっぱり透明感タイプ

ピンクのルルルンは潤いタイプ。

一方で、白のルルルンはさっぱり透明感タイプ。

 

ピンクより保湿成分が少ない代わりに、お肌のハリ艶UPに欠かせない成分が多めに配合されているのが特徴よ。

「ルルルンの美白シリーズ」というだけあって、ビタミンC誘導体も配合されてる。

ピンクに比べてベタつかない処方だから、「夏はコレ!!」って子も多いみたいね~。




特徴2.ナノ化複合ビタミン

ナノエマルジョン技術で生まれたビタミンA、B(パンテノール)、C、Eの4種の浸透型ビタミンで、ハリツヤ肌へと導きます。

(らしいよ←人任せ)

特徴3.シンデレラケア

めちゃくちゃロマンチックなネーミングだから気になって調べてみたら、透明感やシミ予防に効果的な自然由来の天然エキスなんだって。

シミの原因メラニンを表皮細胞に運ぶ「キネシン」って成分を抑える働きがあるから、まさに美白ケアにはうってつけというワケ。

 

ちなみにこの「シンデレラケア」成分、ワイルドタイムっていうハーブから抽出される成分なの。

ヨーロッパのお庭に芝生代わりに植えられるハーブで、踏みつぶすと空気中にイイ香りが漂うんだって~!!

(日本中の芝生をワイルドタイムに変えちゃいたい!!)




【JIROの感想】ルルルン「白」の使い心地は…

定型3 JIRO ブログ レビュー

 

さーて、ここからはアタシが実際に使ってみた感想よ~。

白のルルルンを使うのは、かれこれ2年以上ぶり。

し・か・も!

2日前には、ピンクのルルルンで失敗してる!笑

>>【関連記事】新ピンクのルルルンもやっぱりNGだった…

 

だけどもう買っちゃったから、つべこべ言ってもしゃーないわ。

ということで、勇気をもって使ってみましたー!

シートは?

lululun白 効果 成分

 

ピンクのルルルンと同じく、ちょこっと形が変わってると思う。良くなってるの。

目の周りの穴が小さめになって、よりしっかりと顔面を覆える形状に進化してる。

といってもシートそのもののサイズ感は変わってなくて、アタシみたいな顔デカは「やや物足りない」んだけど。これは、ルルルンのせいではないわ!笑

シートの厚みは合格!

 

1枚200~400円のフェイスシートと比べたら、そりゃ薄めよ。

でも1枚50円台のプチプラフェイスマスクにしたら、充分厚手

破れることはないし、ペラペラで広げにくいなんてこともない。

コスパ良し!




美白効果は?

lululun白 効果 成分

 

これは白のルルルンに限ったことじゃないけど、1回じゃ感じられないと思うわ。

そもそもアタシは諸事情があって1分経たずに剥がしちゃったから、偉そうなことは言えないんだけど。

諸事情=ヒリヒリ&ピリピリなんだけど。

(諸事情言っちゃってるー!)

 

だけどよ?

 

ピンクのルルルンより「白くなる」とか「透明感出る」って口コミしてる子が多いわ~。

ここでいう「透明感」っていうのは、保湿することでお肌が潤うって意味だと思うけど。

(乾燥した肌より、潤った肌の方が透明感UP)

 

乾燥が原因のクスミとか、ゴワつきが気になってる子なら、白のルルルンで透明感を実感できるんじゃないかしら~。

もちろん刺激がなければ、という大前提の元だけど!




刺激は?

lululun白 効果 成分

 

御座います~

 

「LuLuLunワンナイトレスキュー」の美白ラインよりは弱いけど、「LuLuLunピンク」よりは強めの刺激。

少なくともアタシみたいな敏感肌クラスのお肌は、ヒリヒリ&ピリピリを感じちゃう。

 

リニューアル前もリニューアル後も、敏感肌向きではないかな~というのが本音。

とはいえモノ自体は決して悪くないし、むしろ価格の割にいいアイテムだと思う。

 

お肌に合うか次第、ってこと。

 

敏感肌じゃなければ問題ないわけだし。

もし敏感肌で使うのが不安…っていうなら、まずは「ピンクのルルルン」から試してみることね。

ピンクでダメなら、白は絶対NGだと思うし…。

(試すならピンクの方がダメージ少ないと思う。ちょっと安いし)




【代替品のご提案】ルルルン白がOUTなら…

「敏感肌なのでルルルン使えませんでした」

と報告だけするのってどーーなん、という感じよね。

てことで、アタシが今まで使えたフェイスマスクも書いておくね。

もちろんアタシが使えたってだけで、低刺激の保証はなんもないんだけど…。

 

lululun白 効果 成分

アタシ、韓国コスメ好きなのよ。

同じプチプラ価格帯でも、日本と比べて低刺激なものが多いっていうか。

無難かな~って思うのが「メディヒール」。

今まで試したモノはとりあえず全部、ヒリヒリとかなく使えた~!

(ドクタージャルトも良いんだけど、モノによってはヒリヒリしちゃう)

>>【関連記事】メディヒール比べてみました

 

lululun白 効果 成分

あとは最近使った国産フェイルマスクだと、「アクアレーベル」。

赤と青があるんだけど、刺激が穏やかなのは「青」の方。

とはいえ美白成分入ってるから、全く刺激ない…ってワケじゃないんだけど~

美白フェイスマスクの中では穏やかな方だと思う!

>>【関連記事】アクアレーベル青を使ってみました

 

 

プチプラで今気に入ってるのは「美肌職人」。

松潤のやつ。

▼ツイッターでも

 

価格的にはルルルンと同じくらいだし、液の量が少ないから5分くらいで乾いちゃうのが難点だけど。

そこはまぁ、DAISOシリコンマスクで覆っちゃえば問題ないわよ。

>>【関連記事】美肌職人で松潤に感謝した件

 

>>【関連記事】DAISOシリコンマスクが神だった件




さいごに~JIROのつぶやき

定型2 JIRO ブログ ヒトリゴト まとめ

 

ピンクのルルルンが微妙にヒリヒリしちゃったから、「これはヤバイかもなー」と思いつつ使った白のルルルン。

案の定でして…。

今になって思うと「ヒリヒリするかもな―」っていう嫌なプラセボ効果もあったんじゃないかなとか、反省しちゃう。

※プラセボ効果…信じ込むことによって、何らかの効果がみられること

 

んー。

でもまぁ、成分見てもリニューアル前後で大きく変わった感じはなく。

冒頭に保湿成分BGが追加されたけど、そのほかの刺激成分がバッチリ入ってるわけだから、敏感肌にはちょっと強すぎるんだろうね~。

 

lululun白 効果 成分

 

でさ。

コレいつも書いてるけど、アタシが使えない=ダメって言うんじゃないからね。

敏感肌でも使えるフェイスマスク=イイ、っていうのも違う。

 

敏感肌で使えるかどうかは、刺激の強い成分が入っていないかで判断するだけだから。

お肌に与える刺激が穏やかな分、効果も穏やかかもしれないの。

 

逆に言うと、医薬品クラスの成分が入ったフェイスマスクは、たいてい刺激が強い。

効果が分りやすいんだけど、刺激が強いから使えない子もいる。

 

やだ、ややこしい!笑

 

何を言いたいかって言うとね、刺激の有無は、あくまで刺激の有無であって…。

品質や効果の良し悪しとは別物、ってことなの。

(何言いたいかイマイチ伝わらないー!)

 

お肌状態次第よ。

 

ルルルン白が合う子もいれば、合わない子もいる。

合う子はそのまま使い続ければいいの。コスパいいからね、ルルルン。

 

だけどもしアタシみたいに合わない子がいるなら、もうちょい低刺激のフェイスマスクを試してみればいいわけで。

このブログがそんな悩めるこのヒントになればうれしいなって思う。

 

てことで今日はここまで~。

いつも長々書いちゃってごめんね。

最後まで読んでくれてありがとう!

@JIRO






コメント